自動車の【全損】とは名称通り愛車のすべてが壊れてしまった場合ですなわち走行が出来ないという状況の自動車としての役を果たせなくなった場合に使用されますが自動車の保険においての「全損」は多からず異なる意味が含まれていたりします。

車の保険においては乗用車が破壊された場合に「全損と分損」の2つに区分され、『分損』は修復の費用が保険内でおさまる時を表しその場合とは逆に全損とは修復のお金が保険金を超えてしまうことを表します。

通常では、乗用車の修理で【全損】という場面では車の最重要のエンジンに重大な打撃が起こったり、自動車のフレームが歪んでいたりして修理が不可能である為、再利用か廃車と決められるのが当然です。

しかし、自動車の事故でディーラーや車の保険会社が必要な修理のお金を予測した状態で、例え見た目がきちんとしていて元に戻すことができる状況でも修復のお金が保険よりも高くては何の目的のために乗用車の保険加盟しているのか分からなくなってしまうでしょう。

そういった場面では、『全損』としてマイカーの所有権を車の保険の会社に渡して保険金額を貰う条件になっています。

かなりの期間連れ添った自分の車で愛着があり自分でお金を出して直してでも使用したいとおっしゃる人はいくらでもいらっしゃいますから状況に応じて自動車保険の会社と意見交換するといいのかもしれません。

そして、 自動車任意保険の種類によってはこういった場面が考慮されて特約などの《全損》の時に特約つけている場面がたくさんあり、万が一自分の車が全損となった場合でも新規購入の諸経費をある程度もってくれる場合も実在したりします。

そして盗まれた時の補償金の特約をつけているならば、盗まれてしまった車がなくなったケースでも【全損】となり保険金が支払われるサービスになっているのです。

Copyright © 2002 www.louxo.com All Rights Reserved.